love laugh life’s blog

アラフィフ姐さんの徒然なるままに大好きな馬の事とか♪

入塾テスト

本日小4次男、某国語塾の入塾テストを受けに母子で参加。入塾テスト要項に、9割は受かるとあったけど漢字怪しいしどうだろう…ここを落ちたら受験どころじゃねーべという事か…

———————————————————————

[結果]

ギリギリ入塾可!そうホントギリギリ…漢字は3年生から再履修だ!

あと自分への反省として、昨日受けさせたい学校があると言った際に何故なのか聞かれてしどろもどろになっちゃったなぁ…将来留学も視野に入れていると何故言えなかったのか。まだまだ他人がどう思うか考えがちだわ…

アマニローストと麻の実ナッツ

f:id:lovelaughlife:20180217125402j:image最近朝食や夕食時に摂るようにしているアマニローストと麻の実ナッツ。

どちらもオメガ3脂肪酸のα-リノレン酸が豊富。麻の実ナッツに至ってはオメガ6まで含まれバランスよく必須アミノ酸が摂れるとか。どちらもクセがなく、でもコクがあってお味噌汁やサラダ、ヨーグルトに入れて食べるとグッ!最近炭水化物を極力控えているのでこのアイテムは満足感も与えてくれて気に入ってます^_^

昔はアマニなんぞは馬が体調不良になった時にあげるもので人が食べるなんて思いもよらなかった。

 

彷徨った末…

学童選びにやっとゴールが❗️長いものに巻かれたくない症候群な私はチェーン店的な所だけは御免だと頑なに避けていたけど、蓋を開けたら所謂あの英語で預かる学童への入会手続きをしちゃった。見学、体験してみて賑やかな雰囲気大好きの小1には受けが良かった、で肝心の小4も五月蝿いといいつつも英語には触れたい様で満更でもなさそう。という事で入会、で合わなければ退会すればよいこと。

けど月謝高いのよね…

タイキシャトルのポートレート

f:id:lovelaughlife:20180210182014j:image

昨日引退馬協会http://rha.or.jp/からホースペアレントの私にサポートしているタイキシャトルポートレートが届きました🐎相変わらず麗しいのに何だかコケティッシュな表情(^。^) 夏には日高に会いに行きたいなぁ❤️

 

しかしながらタイキシャトルメイショウドトウの様な現役時代あんなに活躍した馬達でさえ安定して余生を支えられる口数にはまだ達していないのが現状。先ずはこの取組みを周知してサポーターを増やしていきたい!

支援状況↓↓↓

http://www.rha.or.jp/f/fhkuchisuu.html

 

起業 entrepreneurship

実は以前から漠然と考えている。ホント漠然。

そうしたら母の葬儀後の会食で従姉妹と久々に話す機会があり、彼女は大手企業に短大卒後ずっと長年勤務してきているのだけど、体調を崩して病気休暇を取った後、会社が気遣い部署替えをしてくれたらしいけど所謂肩叩き的な気がしている、仕事柄オーガニック商品等も扱う様になりオーガニック関連の起業を漠然と考えていると聞いた。オーガニックについては私も思うとこあり、あっ、一緒に仕事したい!とピンときた次第。今の職場も5年の有期雇用だし。彼女とは近いうちに又ゆっくりと話したいな。

 

まだまだ彷徨える学童探し

今まで遠くの学童ばかり見てきたけど、家から一番近くて送迎付きの民間学童を敢えて無視し続けていたけど急遽時間が出来たので夕方見学に。大手塾が経営する英語学童は、英語の必要性を感じながらもきっと大した事ないだろうと決めつけ避けていたのだけど百聞は一見にしかず。フォニックスもするし、スペルアウトもさせてるし、インストラクター達も活気があり子ども達にガンガンout putさせようとしているのが分かる。ここも検討の余地あり。先ずは月曜にtrial。とうとう彷徨える学童探しもゴールか?

タイキシャトルのフォスターペアレントに❗️

私にとってスペシャルな馬の1頭、タイキシャトルが昨年種牡馬を引退。今年の1/1付で正式に引退馬協会(http://rha.or.jp/)のフォスターホースとなりました。

以前大好きなエリモシックのフォスターペアレントになろうなろうと思いつつウダウダしている間にシックは亡くなりとても苦い後悔をしたので、今回は思い立ったが吉日で早々に申込んで細やかながらペアレントの仲間入り。

岡部幸雄さんとのコンビでマイルを得意とした尾花栗毛ともいえる美しいシャトルは真剣なんだろうけどどこか飄々とした走りをする仔だった気がする。ジャックルマロワ賞を勝ったドーヴィル競馬場ではシャトルの栗毛と岡部さんのグリーンが映えて綺麗だったな(とまるで観てきたかの様、あくまでもTV観戦)。二週連続の日本調教馬のGrp1レース制覇に私も興奮したのを良く覚えてる。マイルに敵なしで種牡馬入りしたシャトルは、お父さんとしても頑張ってメイショウボーラーやウィンクリューガーなど活躍馬も輩出。そんな大スターのシャトルでも種牡馬を引退した先は平和で穏やかな隠居生活が確約されてはいなかったと知りとてもショックだった。馬は経済動物だからと割切る人もいるけれど、人為的に交配されて生産されて走らされて用途が終わったら廃業のサイクルを重ねてきた私たち人間、もう21世紀なんだから新たな路を模索し、築く時なのでは。

一人で馬1頭をサポートするのは大変だけど(何てったって軽く500キロ前後ありますから〜食べる量もハンパ無い!)現役競走馬の一口馬主の様に少額からサポート出来るこの引退馬協会のシステムは皆で無理なく共助し物言わぬ馬たちが少しでもハッピーになれたらな、とある意味子どもの事より熱く熱くなってしまう馬キチな私。

タイキシャトル種牡馬引退記事↓

http://news.sp.netkeiba.com/?pid=news_view&no=129892

引退馬協会のタイキシャトル紹介ページ↓

http://www.rha.or.jp/f/fh-no20.html